AirPods Proは買うべきかBOSE、SONYの完全ワイヤレスと比較してみた

ガジェット

どうも、もっちゃんです!

Apple社が新型の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を発表しました。

発売が2019年10月30日から開始されるということで、もう購入した方もいるでしょう。


今回はそのAirPods Proは、

  • 1代目比べて何が変わったのか
  • 人気のBOSE,SONYの完全ワイヤレスイヤホンと比べて何が違うのか

について解説していきます!

AirPods Proの概要

価格

2万7,800円(税別)

2019年10月30日より店舗・オンラインストアで発売

本体

高さ30.9 mm
21.8 mm
厚さ24.0 mm
重量5.4 g

ケース

高さ45.2 mm
60.6 mm
厚さ21.7 mm
重量45.6 g

1代目との概要比較

「airpods pro」の画像検索結果"
https://corriente.top/airpods-pro-airpods-compare/より写真引用

本体

AirPods ProAirPods (1代目)
高さ30.9 mm40.5 mm
21.8 mm16.5 mm
厚さ24.0 mm18.0 mm
重量5.4 g4.0 g

Proは高さが低くなって、幅や厚さが増えましたね!

重量も少し増加しています。

ケース

AirPods ProAirPods(1・2代目)
高さ45.2 mm53.5 mm
60.6 mm44.3 mm
厚さ21.7 mm21.3 mm
重量45.6 g40.0 g
ワイヤレス充電  〇    ×(2代目のみ可)

バッテリーの持ち

AirPods ProAirPods (1代目・2代目)
1回の充電で最大4.5時間の再生時間
(ノイズキャンセリングオフで、5時間)
1回の充電で最大3時間の再生時間

1・2代目から変わった主な点

アクティブノイズキャンセイリング

Proでは1番の特徴である、ノイズキャンセリングが搭載されました。

ノイズキャンセリングとは、周囲の雑音を軽減するもので、電車や飛行機内でより音楽に集中することができます。

外部音取り込みモード

いわゆるノイズキャンセリングオフの状態にすることもできます。

これによりAirPods(1・2代目)と同じような感覚で、周囲の音も拾うことができます。

シリコーン製イヤーチップを装備

これまでもAirPodsは、iPhoneに同梱されてたイヤホンと同じで、硬いものでした。

しかしProでは、シリコーン製のイヤーチップにより、耳へのフィット感が向上しています。

それによって、重低音も聞き取りやすくなっているでしょう。

耐汗耐水性能を装備

Proでは、IPX4等級に適合する耐汗耐水性能を持ちました。

これは、多少の水濡れやランニングでの汗にも耐えられるので、より活用の幅も拾がると思います。

IPX4ですので、水に沈めるのは不可能ですね。

BOSEのSoundSportとAirPods Proを比較

ここでは、BOSEの「SoundSport Free wireless headphones」と比較していきます。

大きさ、重さなど

本体

AirPods ProBOSE SoundSport
高さ30.9 mm32.0 mm
21.8 mm25.0 mm
厚さ24.0 mm30.0 mm
重量5.4 g18.0 g(ペア)

ケース

AirPods Pro BOSE SoundSport
高さ45.2 mm38.0 mm
60.6 mm100 mm
厚さ21.7 mm48.0 mm
重量45.6 g80.0 g

機能性

AirPods Pro BOSE SoundSport
耐水性IPX4IPX4
バッテリーの持ち最大4.5時間の再生時間最大5時間の再生時間
ノイズキャンセリング    〇    〇

BOSEの完全ワイヤレスの強み

BOSEは、音質に関して特に低音がバッチリなイヤホンが多いイメージです。

名前にも「Spot」とあるように、アクティブに使いつつ、良い音質で音楽が聴けるものだと思います。

SONYのWF-1000XM3とAirPods Proを比較

ここでは、SONYの「WF-1000XM3」と比較していきます。

重さ、大きさなど

本体

AirPods Pro SONY WF-1000XM3
高さ30.9 mm
21.8 mm30.0 mm
厚さ24.0 mm14.5 mm
重量5.4 g8.5 g(片方)

SONYについては、https://mvno.xsrv.jp/all-info/wf-1000xm3-size/より

ケース

AirPods Pro SONY WF-1000XM3
高さ45.2 mm53.9 mm
60.6 mm78.9 mm
厚さ21.7 mm28.7 mm
重量45.6 g75.0 g

機能性

AirPods Pro SONY WF-1000XM3
耐水性IPX4×
バッテリーの持ち最大4.5時間の再生時間最大6時間の再生時間
ノイズキャンセイリング    〇    〇

SONYの完全ワイヤレスの強み

SONYのWF-1000XM3は、業界でも最強と言われる「ノイズキャンセリング」です。

高性能なので、より周囲の雑音を遮断しやすいものになっています。

また、ハイレゾ級の高音質で音楽を聴くこともできます。

まとめ

  • 手軽に使えて、ペアリングも簡単なマルチ機能AirPods Pro
  • アクティブに高音質を楽しむBOSE SoundSport
  • 最強ノイズキャンセリングで、最高音質を SONY WF-1000XM3

このような基準で選んでいくといいと思います!

アップルの公式HP

AirPods Pro
AirPods Pro、登場。アクティブノイズキャンセリング。外部音取り込みモード。カスタマイズできる装着感。そのすべてを持った、驚くほど軽いインイヤーヘッドフォンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました