【Apple】AirPodsを買う決め手となった5つの魅力

ガジェット

どうも、もっちゃんです!

AirPodsを購入して、普段かなり使っているのですが、本当に買ってよかったと思います。

イヤホンにしては、少し値段が高いですが、さすがApple製品と思わせてくれる便利さです。

今回は、そんなAirPodsの良い点を5つ挙げて、これから買う人への参考になればと思います!

1.ペアリングが楽すぎる

‘‘シンプルで魔法のようなワイヤレス‘‘

とAppleさんが言うように、魔法のようにiPhoneと繋がります。

iPhoneのBluetoothをつけた状態であれば、

ケースから取り出す → 耳につける

この2動作だけで、接続は完了です!

今までのBluetoothイヤホンにここまで接続が簡単なものはあっただろうか(笑)

僕が以前使っていたBluetoothイヤホンは、電源を入れてそれからiPhoneと繋げるというものだったので、「電源ボタンを押す」というワンステップ踏まないといけなかったのですね~。

しかし、AirPodsには電源ボタンなんてありません!

2.遅延が少ない

これも使ってみてわかった驚きポイント。

「Bluetoothなのに遅延が超少ないって、そんな~」

 って思いますよね。

実際にYoutubeを見てみたのですが、遅延は0.1秒くらいと感じました。

それくらい遅延が少ないですね。

そのため、モンスト・パズドラといったゲームも多少はできます!

※0.1秒の遅延も許されないゲームいわゆる「音ゲー」には向いてません。

3.あえてカナル型ではなくインナーイヤー型

僕はカナル型もインナーイヤー型も持っていますが、AirPids開発おいてインナーイヤー型にしたのは、私はよかったと思っています。

ちなみにそれぞれの特徴は、

カナル型イヤホン

  • 遮音性が良い
  • ポロっと取れにくい
  • 低音などが響く
インナーイヤー型
  • 遮音性が悪い(音漏れしやすい)
  • 音質は悪くはないが低音などは響きにくい
  • 耳が疲れにくい

というようになっています。

あれ?これでは、「デメリットが多いように見える!」

と思いますよね。

では、なぜインナーイヤー型で良かったと思うのか。

それは、遮音性がほぼナシ!という点です。

ライフスタイルにもよると思いますが、そもそも私は普段電車でどこか行ったり、大学の空き時間に音楽聞いたりたりしようと思ってAirPodsを買いました。

カナル型は、遮音性はいい反面、電車のアナウンスとかが聞こえなかったりします。

僕は心配性なので、遮音性が少なくて周りの音が聞こえた方が安心するんです!

という理由で、インナーイヤー型がいいなと惹かれました。

4.バッテリー持ちすぎ

AirPodsはバッテリーも非常に持ちます。

単体で5時間、ケースに入れて充電するとなんと24時間持ちます。

普段一日3時間ほどしかAirPodsを使わない人は、約1週間は持つんですね!

なので、一週間で何時間か充電すればいいだけの話なので、とっても便利です。

【追記】

現在は、ワイヤレス充電のケースも発売して充電がよりしやすくなりました!

5.持ち運びしやすい

ケース自体が、手で握れるくらいの大きさくらいしかないので、ポケットとかに入れてどこでも音楽を聴けます。

荷物を持ちたくないメンズの人には、ポケットに入れれるという点で、とてもおすすめできます!

しかし、その反面小さすぎてなくすこともしばしばあるようです。

実際トイレに落とした人もいるようですし(笑)

管理には気をつけなければなりませんね!

まとめ

  • ペアリングが楽
  • 遅延が少ない
  • 周りの音も聞こえて安心
  • バッテリー長持ち
  • 持ち運びしやすい

以上の点が良いと思ったポイントになります!

AirPodsは、使う人のライフスタイルによってその便利さも異なると思います。

しかし、iPhoneユーザーはより便利さを体験できるので、持ってて損はないと思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました