『Apex シーズン6』はつまらない!?そんな意見が出た理由を解説

apexのシーズン6つまらないApex Legends
スポンサーリンク

Apex Legendsでシーズン6が始まりましたね!

大人気無料バトロワの「Apex Legends」ですが、今シーズンはなんだか「つまらない」という意見がちらほら見られるようです。

確かにアップデートで、ゲーム性がこれまでより変わったと感じます。

では、こういった意見は何によって出るのか、個人的な考えですが実際にApexをプレイしてる1人の意見としてその理由を解説していきます。

Apexシーズン6がつまらないと言われる理由

pcpad
  • アーマーが全て進化アーマーになり、総被ダメージが減少
  • 新キャラ「ランパート」が少し壊れてる
  • 多様な武器を扱う楽しみが減った
  • クラフト機能は必要だったのか

主にこの4つの理由からつまらない原因を推測できると思います。

ここからは、それぞれ解説していきます。

アーマーが全て進化アーマーになり、総被ダメージが減少

今回のアップデートで、アーマーが全て進化アーマーとなりました。
これは簡単に言うと、ゲーム開始時に全員アーマーを着ていて、レベル0アーマーからスタートするということです。

シーズン5まで合計225ダメージ耐えられていた「赤アーマー」ですが、今シーズンでは200ダメージが耐えられる最大の値として調整されています。紫アーマーは175ダメージです。

この25ダメージの減少が、つまらない原因です。

今シーズンの体感的に、瞬間的にやられることが多くなりました
これはアーマーの体力上限は減ったものの、武器の威力は変わってないからです。

エネルギー武器も増えたし、まだ調整が必要だね!

正直元通りのアーマーに戻してもいいかなと思いますね。

あと、金アーマーの必要性がなくなりつつあります。金アーマーも体力150になったので、ゲージが3つ分。セル1個で2ゲージ回復できますが、体力的に見ても赤アーマーの方が優先になります。

こうした様々な点も含めて、全て進化アーマーにしたのはどうかな?という結果になってますね。

追記;なんとアーマーダメージが元通りに!

9月4日のアップデートで、アーマーのダメージ数がシーズン5と同じになりました。

白アーマー:50 (合計150)

青アーマー:75 (合計175)

紫・金アーマー:100 (合計200)

赤アーマー:125 (合計125)

このような感じです。全て進化アーマーということに変わりはないですが、これで金アーマーが息を吹き返したかなと思います。

そして、全体的にApexが面白くなるのではないでしょうか!?

これについてはEAさんのパッチノートに詳しく書いてあります。
https://www.ea.com/games/apex-legends/news/season-6-armor-changes?isLocalized=true

プレイヤーの声に耳を傾けているのが素晴らしいです。

新キャラ「ランパート」が少し壊れてる

今シーズンで追加されたランパートですが、アルティメットが強いです。

ミニガンを設置して撃てるのですが、弾数は無限で、合計2000ダメージ以上を出せます。撃てる角度は限られてますが、それでも敵をけん制できて強いですね。

これまでにないタイプのウルトで、遠距離での撃ち合いが多くなった。

これがApexを変えてしまったと思います。
ランパートはシールドも置けるので、意外と近寄りにくいのが現状です。

なので、遠距離でスナイパーなどの撃ち合いが多くなりました
まあ、それを見越してスナイパーアモの数が増加したのかもしれませんね。

とにかくミニガンについては、反動を増加させたり、クールダウンを増加させたりなど少し調整しないといけないのではと思います(笑)

多様な武器を扱う楽しみが減った

シーズン6では「ボルト」というエネルギー系のSMGが追加されました。

これがまた強いことに加えて、ディボーションやターボチャージャーが戻ってきたことで、エネルギーアモの需要がシーズン5に比べて急増しました。

逆に使用率が高かった「R-99」がケアパケ武器になったことで、ライト系の武器はほとんど使わなくなってしまったのです。これまでは、並行的にどれを使ってもプレイヤースキル次第といったところでしたが、現環境はエネルギー武器必須な気がします。

所持する武器で大きな格差が出てしまった。

これもつまらないと言われる原因の一つです。

ディボーションは少し修正が入ったようですが、全体的な武器バランスを考えるともっと調整が必要になってくるのではと思います。

クラフト機能は必要だったのか

クラフトとは、試合中に集められる素材を使って回復やポップアップなどを作成できる機能です。レプリケーターと呼ばれる装置で、クラフトを行うことができます。

日替わりや週替わりで交換できるアイテムが変わり、交換アイテムは地上にドロップしないシステムとなっています。

確かに面白い機能ですが、例えば強武器のディボーションやターボチャージャーがクラフトになった時、容易に手に入るわけですね。その場合は、ディボーションの使用率ももちろん高まります。

面白い機能だけど、必要かは分からない。

これまでのようにランダムで武器が落ちているからこその楽しみもあり、日替わりで武器が確定で入手できるなら、プレイする曜日も限られるなんてこともありそうです。

ランクマッチとかで見ても、日によって変わると思うので、どうかなと思います。

まとめ シーズン6は調整が必要!?

ゲーム記事のまとめ

以上、Apexシーズン6がつまらないと言われる要因を解説しました。

まあどのゲームもアプデ後は様々な意見がありますし、新しい環境になって飽きがこないというのも大事かなと思います。

ですが、少し調整して欲しい点も多く、今後のアプデでどうなるかですね!

色々書きましたが、それでもApexは楽しく続けます

関連記事 『Apex シーズン6』マップで人気の降下場所やおすすめのスポットはどこ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました