ブログのネタ探しは日常にアンテナを!「記事のネタ切れはない」

ブログ運営
  • 書きたいことがない
  • ネタが切れてしまった
  • どうやってブログネタを見つけるの?

こう悩んではいませんか?

どうも、もっちゃんです!

僕は2年前にブログを開始したのですが、一度挫折しました。

収益が出ないことや、時間が無いなどの理由もありましたが、「ネタが無い」というのも、挫折を経験したひとつの理由でもあります。


そこで今回は、ブログのネタが無いと困っている方に、日常からネタを探す方法を紹介します。

実際に僕は、以前の無料ブログで挫折した後、WordPressで再びブログを始めて、そこから5か月ほど継続できています。逆に書きたいことがたくさんあるといった具合です。

ぜひ参考にしてくださいね!

本記事の内容
  • 記事ネタが見つからない理由
  • 記事のネタを日常から見つける方法


ブログ記事のネタが見つからない理由

僕も前に体験したことなのですが、記事ネタが見つからない理由としては以下の2つが挙げられます。

  • ブログのテーマが定まっていない
  • ネタを探そうと行動していない

ひとつずつ見ていきます。

ブログのテーマが定まっていない

なぜあなたが、自身のブログを運営しているのか理由を考えてみましょう。

例えば、「収益化」を狙っているのであれば、集客記事と収益化する記事の両方を書くと思います。

テーマが決まっている場合だと、例えば「トレーニングブログ」や「転職情報ブログ」であれば、自分のブログテーマに合わせて次々とネタも思いつくのではないでしょうか?


ですがブログのテーマが決まっていない場合はどうでしょう。

僕も、挫折したときはこの状態でした

いわゆる超雑記ブログの状態で、各記事で収益化を狙ったとしても、テーマがバラバラすぎてネタが逆に思いつかなくなります。

でも、「雑記ブログならネタは何でもいいじゃない?」と思いますよね。それが意外と、収益が出なかったりPVが伸びなかったりすると、後々「何書いたらいいか分からない現象」が起きるのです(笑)


サイトのパワー的にも効率が悪いですし、ネタを切らさないためにも3つ程にテーマを絞るのがいいと言われます。

ブログの目的についてはこちらに詳しく書いています。


ネタを探そうと行動していない

ずっと布団の中に入っていても、新鮮なネタは部屋にやってきません。

もし自分だけのオリジナルな記事を書きたいなら、様々な体験が必要です。

そのためには、外に出たり何か行動してみたりが必要になります。


確かに現在は、スマホからでも十分すぎるほどの情報を得ることができます。

この記事を読んでるあなたは「ブログ ネタ切れ」などと検索して来られたと思います。

当記事にある情報も十分なネタだと思いますが、ありふれた情報でなかなか面白みを感じない人もいるでしょう。

ではもっと良いネタを見つけるには、どうしたらいいのでしょうか。


それは、

日常からネタを見つけまくること!

です。詳しく解説していきます。


ブログの記事ネタを日常から見つける方法

ここらは、記事ネタを日常から見つける例として、シーン別にいくつか紹介していきます!

当てはまることも多いと思うので、行動する際の参考にしてください。

通勤・通学の途中

今やほとんどの方が、通勤や通学の間はスマホを触っていると思います。

もしブログネタに困っているなら、その時間にスマホでゲームをするのはもったいないです。

別のアプリなどでネタを仕入れましょう!

ブログ記事ネタ集めにおすすめなアプリ

  • ニュースアプリ
  • Twitter
  • Kindle(アマゾンの電子書籍アプリ)
  • note

このあたりですね。

ニュースアプリから情報を仕入れるのもいいですし、Twitterからでも様々な情報をゲットできます。

また、より良質な情報を仕入れたいなら電子書籍「Kindle」がおすすめです。

いちいち本を持って行かなくても、スマホ1台で本を読むことができます。

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

Amazonプライムに入ると、100冊以上無料で読むことができます。

もし、プライム会員について詳しく知りたいならこちらをどうぞ↓

>>「アマゾンプライムの特典まとめ

職場や学校にいるとき

職場や学校では、人との関わりがありますよね。

そこで会話もすると思いますが、そんな中にもネタが隠れている場合があります。


よく使えるのは、「悩み事の相談」です。

例えば、

自力でダイエットをしてるけど、なかなか痩せないのよね~

簡単に痩せられる方法はないかしら。

ジムとかに通うのもいいかもな~。

こんな会話があったらどうでしょうか。


この会話から、僕なら3つあるいはそれ以上の記事ネタを生み出せますね。

  • 女性でも通いやすいおすすめジム○○
  • 痩せない女性必見!〇週間で〇kg落とせた方法
  • 痩せるためにすべきこと〇選「おすすめはジム」

こんな感じで、ネタを膨らませることができます。

しかも、会話している人のことが分かっているので、ペルソナ設定も楽です。

それに、上にあげたネタは工夫すれば「内部リンク」ですべて繋ぐこともできますね。


会話にも記事ネタが隠れていることを意識しましょう。

>>「アフィリエイトで収益化するコツ

お出かけしたとき

休日にお出かけしたのなら、そのままネタにできます。

ですが、「〇〇に行ってきた」といったような内容では読まれません。

読者が欲しいのは、その場所の「知らなかった情報」なので、少し工夫してネタを見つけましょう


例えば、お花見をするためにとある公園にいったのなら、「駐車場の数」「人混みの様子」「トイレの数」など公式サイトに載っていないような、細かい情報を入れるといいですね。

なので、「〇〇公園のお花見は子供連れでも大丈夫?人混みはどう?」などというように、悩みに応えるような内容を書くのも大事です。

カフェなどのお店に行った場合も同様です。


ネタはすぐにメモしよう

こうした日常で記事ネタを見つけても、すべて覚えておくのは難しいです。

なので、そのつどアイデアをメモしましょう。自分の「ネタ帳」を作るのです。

もちろん手帳などに手書きするのもいいですが、おすすめはアプリです。

iPhoneを使っているなら純正メモアプリも便利です。

様々なメモアプリがあるので、ぜひ使ってみてください!


まとめ 日常から記事ネタをみつけよう

以上のように、日常からでも記事のネタはたくさん見つかります。

あとは意識してアンテナを張っているかどうかです。

この記事が、ネタの探し方が分からないという方の参考になれば嬉しいです。

ここまで読んでいただきありがとうございます!

☞もっと他のネタを探す方法も知りたいという方はこちらで紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました