ブログ記事を2時間で3000文字書くコツ「ブログ歴約2年の僕が解説」

ブログ早く書くblog
スポンサーリンク
ブログ初心者
ブログ初心者
  • 1記事が早く書けない
  • ライティングに5時間くらいかかる

このような悩みにお答えします。

みなさんは、どのくらいの時間でブログを書き終わるでしょうか?


先日このようなツイートをしました。

僕の場合、ブログ始めたころは500文字書くのに1時間かかっていました。(笑)

恐らく最初のうちはそうです。何もライティングの経験などがなければ、1000文字書くのもつらいでしょう。


そこで今回は、3000文字の記事を2時間で書けるようになった方法を解説します!

ぜひ参考にしてください。

本記事の内容
  • 記事を早く書くためにすべきこと
  • 3000文字を2時間で書くコツ
  • 記事を書く上で大事なこと

ブログ記事を早く書くためにすべきこと

記事を早く書く

記事を早く書くためにすべきことは2つだけです。

  • タイピング練習をする
  • 文の書き方を覚える

一つずつ解説していきます。


タイピング練習をする

パソコンに慣れていないと、記事を早く書くことは出来ません。

なので多少のタイピング力は必要になります。


ここで僕が利用していたのは、e-typing(イータイピング)という無料の練習ツールです。

出てくる言葉に合わせて打ち込んでいく練習スタイルですが、暇なときに練習していれば確実に伸びます。

ブラインドタッチまでとは言わないですが、キーボードの配置をおおまかに覚えておくくらいになると良いです。


パソコンに慣れないなら、スマホもアリ

何も必ずPCで書く必要はありません

スマホのフリック入力が早いという方は、文字だけバーっと打ってしまって、PCの画面で写真や装飾をいれる方法でも全然良いと思います。

スマホならどこでも持ち運んで書けますし、空き時間にライティングするのに適しています。


文の書き方を覚える

どんな文章でもそうですが、書き方が分からないと作業が進みません。

これまでに、僕の周りでこんな人が多くいました。

  • 書き始めが分からない
  • 文の構成が分からない

などです。


こういった悩みを解決するには、本を読んだり他のブログ記事を参考にすることです。

特に、「文の書き始めが分からない」という方が多くいるように感じます。

そういう場合は、文の構成「起承転結」の書き方に慣れれば、そこまで苦ではなくなるはずです。


ちなみに、僕が読んだおすすめの本はこちらです。

基本的な記事の構成を考える方法や、ライターさんの記事の書き方などが分かりやすく解説されてます。

本が苦手な僕でもすらすら読めたので、おすすめしておきます!

☞『文章を書くコツ



3000文字の記事を2時間で書くコツ

辛辣にわとり
辛辣にわとり

3000文字の記事を2時間とか遅いわ!

いやいや待ってください。確かに2時間でもっと多くの量を書ける方は、たくさんいると思います。

ですが2時間で3000文字というのは1時間で1500文字。30分で750文字程度です。

1分に直すと25文字ですよ。



内容を考えながら打つのなら、十分な時間であると思います。

ここからは少しでも記事を早く書けるコツを紹介します。

3000文字を2時間で書くコツ
  • 記事の構成を考えておく
  • 文章を先に書き込む(装飾は後)
  • 集中する

一つずつ解説していきます。


記事の構成を考えておく

記事を早く書くためには、構成を考えておくことが重要です。

書きながら考えられる方もいますが、なかなか難しいでしょう。

特にブログは作文とは違って記事ですから、番組の原稿を書いているような感覚です。


なので、記事の台本作りをしましょう。

作り方の流れはこんな感じ。

  1. キーワードを決める
  2. 競合を調べる
  3. 見出しを分析する
  4. 記事の流れを決める

こんな感じです。


この4項目をそれぞれ雑でいいので、メモしていきます。

メモすることで、記事を書いてるときに内容がブレにくくなります。

見出しを分析するには、「ラッコツールズ」というサイトがおすすめです。

詳しくは、記事にまとめてあります。



文章を先に書き込む「装飾は後」

記事を早く書くためには、装飾(画像や枠)は後から入れるのがおすすめです。

理由は、画像の選定などに時間を取られて一番重要な「言葉」が埋まらなくなるから。

以前の僕もそうでしたが、画像を入れる箇所に来た時に、いちいち違うタブを開いてフリー素材を探すなどしていました。


ですがこれは、とても時間がかかることに気づいたのです。

これを見直しただけで、30分以上は早くなりました。


ASPも後から入れる

アフィリンクを入れるときも、htmlをコピーするために別のタブを開きますよね。

これはASPの内容を自然に紹介できないことに繋がります。


というのもしっかりと成約につなげるには、やはり文章力が必要です。

そんな文章力ですが、他のタブでASPの画面を開くと、何かとその広告の説明寄りになってしまいます。


自然に紹介するためにも、まずは文章を書いて適切な位置に埋め込む。

これが大事かなと2年間で気づきました。


集中する

最後は「集中すること」です。

2時間で3000文字と決めてるからには、タイマーを2時間にセットして記事を書いて見ましょう!

別にタイムアタックではないのですが、時間に追われることで集中するのも手です。

効率的に時間を使うこともできますし、やはりブログを書く環境は大事になります。


他には、こんな感じで挙げました。

自分なりの集中できる方法を探してみましょう!



まとめ 継続すれば書く早さは向上します

まとめ

僕も最初は、本当に記事なんて書けませんでした。

雑な日記を適当に書いていましたね(笑)


ですが、ブログは読者の悩みを解決すると伸びます。

そんな文章をより早く、効率よく書けるようになるために日々積み上げていきましょう!

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました