【画像で比較】カメラ初心者のこれだけは覚えておきたい知識講座

カメラ

初心者のうちは「f値」とか「シャッタースピード」とか分からないことがたくさん!


どうやったらきれいな写真が撮れるの?

ボケ感を表現するには?

MとかSとか何か分からない!


といった初心者の方が持つ疑問を解決します!

僕自身も勉強するつもりで書いてるので、みなさん一緒に学びましょう!

 絞り(F値)について

絞りは、レンズからの光の取り込みの量を調整することです。

いわゆるボケ感を調整するものですね!

F値の大きさによる違い

F値には数値がありますよね、例えばF2.8とかF22とか。

このF値は、大きいとボケ感が小さく、小さいとボケ感が大きくなります!

F値が小さい

F値が大きい

この写真で比較すると、ルフィがはっきり写り、ミホークがボケてる左の写真がF値が小さいということになります。

後ろの壁にも注目してもらいたいのですが、F値が小さくボケが強いと壁紙の線が見えませんね!

このように少しF値をいじるだけで、全然違って見えます。

他にも風景写真を撮るときに、花にフォーカスを当てたいときなどにも使えますよ。


ボケ感というのは一眼レフの醍醐味でもあるので、ぜひ調整して使ってみてください!

もっちゃん
もっちゃん

慣れるコツは、使いまくること!


Aモード(Avモード)について

Aモードは「絞り優先モード」です。

先ほど書いたように、絞り(F値)を主に調整して撮るモードです。

シャッター速度とISO感度は自動で調整されるため、とにかくボケ感を調整したいときに使うといいです。

ISO感度について

ISO感度は、カメラに入った光をどの程度カメラ内で増幅させるかの値です。

 大きいと感度が高く、小さいと感度が小さくなります。

ISO感度高い
ISO感度低い

部屋の蛍光灯を撮ってみましたが、この場合ISO感度の低い右の写真がくっきり写ってますね。

逆に左の写真は感度が高いため、ざらついてしまってます。

今回は蛍光灯なので低めの感度がいいですが、ISO感度はシーンによって調整するのがいいでしょう。

シャッター速度について

シャッター速度は、センサーが開いている時間のことです。

シャッター速度が遅いほど、光を取り込む時間が長くなります。

逆に速いと光を取り込む時間は短くなります。

僕がこの夏に撮った、花火の写真で比較してみましょう。

この2枚はシャッター速度が「速い」写真です。

スマホなどで撮るとこのように写るのではないでしょうか?

次にシャッター速度が「遅い」写真です。

違いはすぐに分かりますね!

花火を「花」のように表現することができます。

このとき三脚を持って行かず、手持ちで撮ったので少しブレてますが、三脚があればとてもきれいな花火が撮れます。

場面によってシャッタースピードを使い分けると、面白い写真が撮れますよ!

Sモードについて

Sモードは「シャッター速度優先モード」です。

絞り値とISO感度は自動調整され(ISO感度は手動の場合あり)、シャッタースピードを自分で調整します。

このモードで、シャッタースピードをいろいろ切り替えて撮ってみましょう!

Mモードについて

Mモードは「マニュアルモード」です。

シャッタースピード、絞り値、ISO感度を自分で設定できます。

カメラに慣れてきたら、シーンに合わせて好みに設定し、最高の1枚を撮ってみましょう!

星空なんかを撮る際は、このモードがいいと思います。

Pモードについて

Pモードは「プログラムオートモード」です。

これは、明るさに合わせてシャッタースピードと絞り値をカメラが自動で設定します。

AUTOモードに似てますが、露出(明るさ)など細かい設定を変更できる点で、使いやすいモードです。

意外と使ったことない人もいると思いますが、一度使ってみましょう!

ミラーレスなら他にも機能がたくさん!

手軽にインスタ映えするような写真を撮りたいなら、軽くて持ち運びしやすいミラーレスです!

アートフィルターやシーン別撮影など、初心者でも操作しやすいモードがあるので、簡単に面白い写真が撮れます。

僕が買ったミラーレス一眼のレビューを参考にしてください!


スマホでは撮れない写真を撮ろう!

説明したように、カメラは様々な設定が可能です。

それらをシーンに合わせて設定すれば、多彩な表現ができます!

ですが今のカメラは高性能なものが多く、初心者でも簡単に綺麗な写真が撮れます。

  • F値 → 小さいとボケが強い!
  • ISO感度 → 大きいと感度が高い!
  • シャッタースピード → 速いほど風景を切り取る速度が速い!
  • Aモード(絞り優先)
  • Sモード(シャッタースピード優先)
  • Mモード(マニュアル)
  • Pモード(絞り値とシャッタースピードが自動)

とりあえず以上のことを覚えて、今より良い写真を撮りましょう!

僕もまだまだ初心者ですが、いろいろ撮ってみようと思います!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました