【遅刻を減らす】寒い日の朝にすぐ布団から脱出する5つの方法

ライフスタイル

どうも、もっちゃんです!

秋になり、朝も寒くなってきましたね。

こういう寒いときって1回起きても、また暖かい布団に戻りたくなりますよね(笑)

気づいたら

もうこんな時間!

なんてことありませんか?

今回はそんな「布団」から早急に脱出する方法を、遅刻をほぼしたことない僕が書いていきます!

まずは起きるべき時間を知る

最初にすべきこととして、何時に起きたらいいのか知りましょう。

具体的には、

  • 通勤・通学にかかる時間
  • 朝準備にかかる時間
  • 電車やバスの時間

これらをおおよそ理解しましょう。


僕の場合、8:50から最初の授業があるのですが、いつも10分~15分前には行ってます。

通学時間は20分ほどなのですが、いつも6:40頃に起きますね。

理由は、朝ゆっくりしたいからです。

僕は起きてすぐに動くことが苦手なので、座ってゆっくりして、体を整えてから家を出ます。

なぜ寒い朝は布団からすぐ出られないのか

体が冷えていて、血流が悪くなっているから

寒い日は体温が下がっています。

朝になっても体温が上がらないため、目覚ましが鳴っても寝起きが悪いのです。

完全に起きないうちに、布団に戻ると睡眠が再び深くなり、逆に良く寝てしまいます。

二度寝が気持ちいいと感じるのも、このためですね。

体内時計のバランスが乱れるから

冬になるにつれて、陽の光は弱くなっていきます。

また気温が低いということで、日中の活動量も減少していき、夜になっても深い睡眠がとれなくなります。

そもそも、人間は冬になると睡眠時間が長くなると言われていますので、仕方ないことかもしれません。

しかしそんな寒い日でも、朝起きるために工夫をすることはできます。

布団から脱出する5つの方法

起きる前に布団の中との温度差が小さくなるようにする

エアコンにタイマー機能があれば、起きる30分前くらいに、暖房をつけておきましょう。

そうすることで、部屋が暖まり布団の中との温度差が小さくなるので、布団から出やすくなります。

また目覚めたときに、体が温まっているので寝起きも少し良くなるはずです。

エアコンがなくても、暖かい毛布をかぶって寝たり、パジャマを1枚厚く着て寝たりするなどの工夫も効果的です。

とにかく、寒暖差を小さくして布団から脱出しやすい環境をつくりましょう!

朝に日光が入るようにする

朝になって太陽の光が当たり、その眩しさで起きるのもアリです。

セロトニンという覚醒ホルモンが分泌して、朝の目覚めが良くなります!

陽の光を浴びるには

  • 寝起きの状態でも頑張ってカーテンに手を伸ばす
  • 寝るときに部屋を暗くして、カーテンを開けた状態で寝る(レースカーテンのみ)

2つの方法があります。

僕は後者の方法がいいと思います。

朝カーテンに手を伸ばす気力もないから!

自動的に陽の光で目が覚めるので、体が勝手に朝と認識して、起きやすくなります。

布団の中でストレッチする

寝起きの状態でいいので、足首や手首を動かしてみましょう。

先ほど書いたように、体が冷えているとなかなか起きづらいものです。

布団の中は暖かいので、その中で軽くストレッチして、体の末端の血流を良くしましょう!

そうすることで、「暑っ!」ってなって、布団から脱出しやすくなります。

アラームを頭もと以外に置いて、大音量に設定する

アラームを頭もとに置いておくと、朝目が覚めても手しか動きません。

そのため足元や机の上といった、頭もとから離れた場所にアラームを置いておくことで、強制的に体を起こします。(笑)

一旦体を起こせば、目が覚めやすくなるでしょう。

しかし、そのあと布団に戻ってはいけません。

ここは気力との勝負ですが、アラームをスマホでかけているなら、おすすめの方法があります。

Twitterのハッシュタグ「#おはよう戦隊」を使う

スマホを手に取ったなら、Twitter「#おはよう戦隊(日付)」をつけてツイートしてみましょう。

例えば、10月15日なら「#おはよう戦隊1015」という感じです。

このハッシュタグのいいところは

  • 他の早起きのみなさんからいいねやコメントが貰える
  • 考えてつぶやくことで、朝から脳が動く
  • 早起きが習慣化していく

などです。

僕は最近このハッシュタグを使っていますが、だんだんと習慣化してきており、休日でも早く起きるようになりました!

なお、使用に当たってはマナーがあるようで、ひーさんのツイートにその詳細が書かれています!

素敵なハッシュタグですね!!

朝の楽しい習慣をつくる

前に書いたおはよう戦隊のように、毎朝することが決まって習慣化していれば、起きるのもそこまで苦ではないはず!

  • コーヒーを淹れる
  • 簡単な料理を作ってインスタにアップ
  • ストレッチをする
  • 本日のToDo(やること)リストを作成する


などなんでもいいので、習慣化すると朝も楽しくなります。

特に、朝の運動はとても脳に効果的であるようです。

海外の成功者の多くは、朝の運動を習慣的にしているそうですよ!

思考力や集中力がアップするのに加えて、セロトニンも分泌し、気持ちも明るくなります。

朝から気合を入れて、元気に1日を過ごせますね!

このようなちょっとした工夫で、「布団から出なきゃ」と思うようになるでしょう!

布団からすぐに出よう!

  • 部屋と布団の温度差を小さくする
  • 日光で目覚める
  • 布団の中でストレッチする
  • アラームを頭もとに置かない
  • 朝の習慣をつくる


このような工夫で、布団からすぐに出られるようになるでしょう!

朝早く起きることで、得することも多いです。

ぜひ試してみてくださいね!!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました