【Lightroom CC】背景にぼかしを入れて一眼レフ風にする方法

lightroomぼかし写真加工

写真を一眼レフ風にしたい

ぼかしを加工で入れたい

このような悩みを解決します。

スマホで撮った写真は、一眼レフとは違いぼかしをかけにくいです。

最近の端末(iPhone11proなど)は、ポートレート撮影などの機能がありますが、境界線を見てみると不自然な場合があります。

今回は、撮影した写真をLightroomでぼかし加工をする方法を紹介します。

ぼかしをかける方法

まずは、写真を追加します。写真については、クラウド上に保存されるのでスマホアプリで写真を追加するとPCでも表示されます。

lightroom写真追加

写真を選択したら、編集画面に移ります。
そこで、右のバーに「ブラシ」があるのでそれを選択。

ぼかしを作るには、

  • ブラシの大きさ
  • ぼかし
  • シャープ

この3つを調整します。

ぼかしの調整は、「ブラシ」の赤枠内をクリックすると表示されます。

lightroom加工

分かりやすいように、「シャープ」-100で加工してみます。
ちなみに、ブラシの大きさはマウスのローラーでも調整できます。

lightroomシャープ加工

ぼかしたい部分をなぞることで、簡単にぼかすことができます。

ボケ感が出るだけで違う仕上がりに

鳥ぼかし前鳥ぼかし後

背景にあった船や、山を少しぼかすだけで鳥がよりくっきり見えますね。

動物やオブジェクト、人を撮るときは、ぼかし加工がおすすめです。

一眼レフを持っていなくても、スマホから少し加工するだけで一眼レフ風の完成です。
これはインスタではできない加工なので、おすすめです。

スマホでもできるぼかし加工

Adobe Lightroom - 写真加工・編集アプリ
Adobe Lightroom – 写真加工・編集アプリ
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ

Lightroomにはスマホアプリもあるので、上に解説した方法と同じようにぼかしを入れられます。iPadを持ってる場合は、専用アプリもあるので便利です。

また料金プランが存在し、より細かい操作が可能な有料版もあります。

無料版で出来ないこと
  • RAWデータの読み込み
  • 修復ブラシ
  • ジオメトリ編集
  • 選択範囲編集

このような感じで、機能が限られてきます。

一般的に使う分には無料版でも問題ないかと思いますが、有料プランに加入するとPhotoshopも付いてきます

Photoshopとは、より本格的な写真編集ソフトで、

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • DTP
  • フォトグラファー

などの職種の方も使っているものになります。

なので本格的に写真を加工したり、作成したいという方には有料版はおすすめです。

まとめ Lightroomで一眼レフ風加工を

まとめ
  1. 写真を選択
  2. ブラシを選択
  3. ブラシの大きさを変える
  4. シャープを下げる
  5. ぼかしたい部分をなぞる

こういったステップで、ぼかしをかけれることが分かりました。

スマホでは限界がある写真も、加工で少しでも良くなります。インスタ投稿や、写真を印刷する際にぜひ参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました