【オリンパス】ミラーレス一眼OM-D E-M10 MarkⅢレビュー

カメラ
もっちゃん

こんにちは、もっちゃんです!

大学生になりお金も貯まり、カメラが欲しくなったので買いました。

今回僕が初カメラとして購入したのが

オリンパスのミラーレス「OM-D E-M10 MarkⅢ」です!

この商品を今回はレビューしていきたいと思います。

どうしてミラーレスを選んだか

まず、僕がカメラを買おうと思って求めていたものは

  • 手軽に持ち運べる軽さであること
  • 夜景などもバッチリ撮れること(スマホよりは綺麗に)
  • 操作しやすい(ボタン配置など)

ということです。

特に旅行などで、持ち運びながらパシャパシャ撮りたいと思っている僕にとって、カメラ本体の重量は大事でした。

そのため、ミラーレス一択となりました!



確かに、一眼レフの方が

  • バッテリーがミラーレス一眼よりも長持ち
  • 画質がいい(機種による)
  • 本格的な写真撮影が可能(星などを撮るとき)

など機能面でメリットがたくさんあります。

しかし、やっぱり重いんですね(>_<)

僕の友達は一眼レフを持っているのですが、旅行などでずっと首から下げておくと、徐々に肩が痛くなると言っていました。

もっちゃん
もっちゃん

うーーん、だったら軽い方でいいや!

ダブルズームキットを購入

店員さんといろいろ話した結果、ダブルズームキットを購入。

「短焦点レンズ」「ズームレンズ」の2つが同梱されています。

カメラ初心者が入門として、2種類のレンズを体験できるので、初めはズームキットの購入もおすすめです!

基本情報

画素数 重量 レンズマウント

1720万画素(総画素)

1605万画素(有効画素)

362g (ボディのみ) マイクロフォーサイズ

同梱物

カメラ本体

色としては、シルバー・ブラックがあるみたいですが、少しレトロっぽいシルバーを購入。

とってもお気に入りの色です!

電動式パンケーキズームレンズ

電動ズームで3倍まで拡大することができます。

とてもコンパクトなので、カメラに着けたまま持ち運ぶことも楽々です!

望遠ズームレンズ

こちらは望遠レンズです。

遠くの動物や風景を撮りたい時に使います。

パンケーキレンズより少し重たいですが、このレンズを着けると一気にカメラ感がでますよ!

手で回転させると最大でこの長さまで伸びます。

望遠とは言いますが、飛んでる飛行機を写せるほどの望遠ではないので、中距離望遠レンズと言えます。

なので運動会で、少し遠くの子供を撮りたい時などに役に立ちます!

バッテリーと充電器

当たり前ですが、きちんとバッテリーと充電器もついてます。

ただこの充電器、コードの長さが短いという点だけ注意です。

測ってみましたが、約50㎝ほどしかないです。

ストラップ

カメラを首にかけるためのストラップです。

Canonのストラップと比べて細いため、首を少し痛める可能性もあると思いましたが、僕は使っています。

おまけ程度に付いてるものなので、自分で他のストラップを購入するのもアリです!

その他必要なもの

三脚やバッグなど必要なものはありますが、中でも必須なのはSDカードです。

これが無いと写真を撮ることができません。

SDはカメラと同梱されていないので、自分で購入する必要があります。



容量については静止画を主に撮る方は、とりあえず16GBで十分かと思います。

動画も撮りたいという方は、容量の大きいものにするか、複数購入するのがいいでしょう!

ちなみに僕が買った店舗では、タダでつけてくれました( ´∀` )

操作感について

OM-D E-M10 MarkⅢはダイヤルが右手側に3つ付いていて、より直感的な操作が可能です。

例えば、F値やシャッタースピードもモニターに触れることなく、変えることができます。

撮りながら素早くこまめに設定を変更できるので、より良い写真が撮れます!

モニターは自撮り向けではない

モニターは最大で90度しか回転しません。

風景などを撮るだけならいいのですが、自撮りではモニターは見れないです。

アートフィルターが魅力的!

このカメラにはアートフィルターの機能も付いており、一風変わった写真も撮れます。

日常もこのアートフィルターを使えば、特別な光景に早変わりです!

インスタにアップする際も使える嬉しい機能です。

そんな機能を少しだけ紹介!

トイフォト

被写体はルフィのミニフィギュアです。

トイフォトではなんか「エモい」写真が撮れます。

世界をミニチュアのように写すことができる面白いフィルターです!

ヴィンテージ

ヴィンテージのフィルターでは、「レトロ」っぽい写真が撮れます。

昔ながらのカフェとかで撮るとより魅力的になりそうですね!

シーンに合わせたモードもある

このように、分かりやすくシーンに合わせて撮影できるモードもあります。

これを使えば初心者でもすぐにきれいな写真を撮れます!

迷ったのはCanon EOS Kiss M

MarkⅢを買うとき、同時に迷っていたのがCanonのEOS Kiss Mです。

こちらも大変人気の機種で、家電量販店ではおすすめ第一位とか書いてあります!

Kiss Mの方が

  • 画質がいい
  • オートフォーカスが速い(速い被写体を撮れる)
  • 操作めっちゃ簡単

という点で有利でした。



ここは店員さんといろいろお話をしましたが、オリンパスのMarkⅢの方が自分で絞りなどを調整しやすいと言っていて、今後シーン別に撮りたいならこっちが良いとおすすめされました。

つまり、Kiss Mは初心者向けであり操作が簡単だけれども、細かい設定ができない。

と言っていました。

これは、実際に店舗に行って見てみた方がいいです。

まとめ

とってもいい買い物をしました!

いわゆるカメラ男子始めましたですね。

カメラという新しい趣味ができて、より人生が楽しくなりそうです♪

 

コメント

  1. […] 【オリンパス】ミラーレス一眼OM-D E-M10 MarkⅢレビュー こんにちは、もっち… […]

  2. […] 【オリンパス】ミラーレス一眼OM-D E-M10 MarkⅢレビュー こんにちは、もっち… […]

  3. […] 【オリンパス】ミラーレス一眼OM-D E-M10 MarkⅢレビュー こんにちは、もっち… […]

タイトルとURLをコピーしました