スマホでも十分きれいな景色は撮れる!風景写真の撮り方のコツ4つ

カメラ
もっちゃん
もっちゃん

どうも、もっちゃんです。

最近Instagramなんか見ていると、綺麗な風景を撮影している人が多くいますね。

もうスマホのカメラもかなり高画質なので、一眼レフがなくても綺麗な風景を撮ることができます。

そこで今回はきれいな風景を撮るためのちょっとしたコツを調べたので、ぜひ参考にしてみてください!

空の変化に注目する

f:id:motchans:20170927222402j:plain

晴れの日・曇りの日、朝昼夜など空はいつも同じではありません。

そんな空と風景をマッチさせて撮影すれば、日常の景色も少し違うものになりそうです。

また、それだけいろいろな空があれば、その景色も様々なパターンが撮れるということになりますからね。

大きさがわかるものを入れれば、風景の壮大さが伝わる

f:id:motchans:20170927222830j:plain

人・乗り物・木など大きさが誰でもイメージできるようなものを写真に取り入れることにより、風景の壮大さが伝わります。

この写真は、ユウニ塩湖に一人の男性が立っていますが、男性がいなければ少し味気ないものになります。

このように何かあるだけでも大きくイメージが変わってくるので、そこも写真のおもしろいところです。

待つことも意外と大事かも

f:id:motchans:20170927223243j:plain

すぐに写真を撮って立ち去るのではなく、少し待っていたりするのもいいかと思います。

なぜなら、鳥が偶然飛んできたり、海では船やヨットが横切ったりして、その時にしか生まれなかったような風景を撮ることができるかもしれません。

だから、そういった偶然もきれいな風景写真になることもあるので待つことも大事かも。

アングルを調整する

f:id:motchans:20170927223938j:plain

だいたいスマホなどで写真を撮られる方は自分の顔のあたりで撮影を行う人が多いと思います。

それでもきれいな景色は撮れますが、もう一工夫するなら、アングルの調整です。

例えば、この写真のようにカメラを地面に近づけて上向きのアングルで撮ることで、草をかき分け進んでいるような風景を撮ることができます。

もし、立って顔のあたりで撮っていたら、ただの草原だった可能性もあります。

このようにアングルによっても写真の表情は変わるので、思い切って上や下から撮ってみましょう。

まとめ

  • 空の変化に注目する
  • 風景の壮大さが分かるように、人物などをいれる
  • シャッターチャンスまで少し待つ
  • 様々なアングルで撮ってみる

ちょっとした工夫で、いい写真は撮れます。

みなさんもためしてみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました