【簡単】WordPressブログでTwitterのタイムラインを埋め込む方法

ブログにTwitter埋め込みblog
スポンサーリンク
にわとり
にわとり

サイドバーやフッターにTwitterのタイムラインを入れてる人いるよね。

それってどうやるんだろう?

もっちゃん
もっちゃん

それはね、とても簡単に出来るのでこれから紹介する方法を参考にしてね!

今回は、Twitterのタイムライン(下のような感じ)を埋め込む方法を解説します。

フッターにこれがあるだけでも、少しサイト感が出ますね!

本記事の内容
  • Twitterのタイムラインを埋め込む方法
  • サイドバーやフッターへの埋め込み方
  • Twitterパブリッシュのその他の機能
  • タイムラインを埋め込むメリット・デメリット

Twitterのタイムラインを挿入する方法

まずは、Twitterパブリッシュ「https://publish.twitter.com/」にアクセスします。

Twitterパブリッシュの画面

そしたらこの入力欄に、自分のアカウント名(@○○○○)を入力します。

入力したらをクリックします。

Twitterタイムライン埋め込み

すると下の方にこのような項目が表示されます。

この左側「Embedded Timeline」をクリックします。

タイムラインのカスタマイズ

あとは水色の「Copy Code」を選択して、ブログにカスタムhtmlとして貼り付ければ完成です。

ですが、このままだとかなり大きいサイズで貼り付けられてしまいます。

なので、赤で囲った「set customization optios.」をクリック。

(日本語訳はカスタマイズオプションを設定する)

Twitterタイムライン埋め込み設定
  • Height(高さ)、Width(横幅)
  • Light(テーマの選択)
  • Automaticのまま(言語を選択する項目です)

こんな感じで設定項目を選択していきます。

作成時はライブビューで大きさを調整できるので、サイドバー幅等に合わせて調整しましょう。

試しに高さ400px、横幅300pxでテーマはダークで作成してみます。

こんな感じで埋め込みが完了です!

サイトバーやフッターへの埋め込み方法

続いて、ワードプレスのサイドバーやフッターに埋め込む方法です。

WordPress管理画面の 外観 から ウィジェット を選択します。

WordPressウィジェット

そうすると「カスタムHTML」という項目があるので、そこに先ほどTwitterパブリッシュで取得したコードを入力します。

そして、サイドバーやフッターを選択すれば埋め込み完了です!

ちなみに当サイトは、「フッター右」にタイムラインを配置していますよ。

Twitterパブリッシュのその他の機能について

ちなみに先ほど、タイムライン以外にも「Twitter Buttuns」という項目がありましたよね。

これは、Twitterのボタンを作成できます。

  • フォローボタン:フォローのためのボタン
  • 言及ボタン:アカウントへ直接ツイートできる
  • ハッシュタグボタン:入力したハッシュタグでツイートできる

こんな感じで分かれています。

試しにフォローボタンを配置するとこんな感じ。

簡単にボタンを埋め込むことができます。

タイムラインを埋め込むメリット・デメリット

最後に、タイムラインを埋め込むメリットやデメリットを解説します。

タイムラインを埋め込むメリット

  • アクティブさが伝わりフォローされる
  • 筆者の特徴が分かる

アクティブさが伝わりフォローされる

タイムラインというのは、Twitterを更新していないとすぐ分かります。

なので、逆に考えればタイムラインを埋め込むことは、アクティブさに磨きがかかるとも言えます。

普段のツイートを公開しておくことで、ブログもきちんと更新されているんだと確信を持てるため、信頼にも繋がります。

筆者の特徴が分かる

日々のツイートで、筆者の特徴や人間性を見ることができます。

もしも、リツイートしかないタイムラインや、勧誘のツイートが多い場合だとどうでしょう。

ブログへの信頼性も落ちますよね。

そんな感じで、ツイートから筆者の特徴を捉えることもできるのです。

タイムラインを埋め込むデメリット

デメリットはたったひとつ。

ページの表示速度が遅くなる

やはりタイムラインを埋め込むと、ページ速度のスコアは少し落ちます

なので、画像圧縮やCSS圧縮などでサイトの速度を保つのが良いのですが、ここは自分のサイトと相談して決めてください。

ページ速度が遅いとSEO的にも悪影響ですし、タイムラインは必須ではないです。

あくまでも、上に示したメリットを得られる手段として考えましょう。

まとめ タイムラインを埋め込んでみよう

まとめ

以上Twitterのタイムライン・ボタンを埋め込む方法を紹介しました。

冒頭にも述べましたが、タイムラインがあると一気にサイト感が出ますよね。

もしも興味があるなら、簡単なので埋め込んでみてください!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました