ブログ×Twitter運用する際にツイートすべき時間【タイミングが大事】

blog
  • Twitterでツイートするときに、良い時間はある?
  • 一番反応を貰える時間は?
  • どう違うの?

こういった疑問にお答えします。

ブログをやっていると、Twitter運用に力を入れることが多いですよね。

そんな中、「フォロワーを増やしたい・より多くの人にツイートを届けたい」と思っているのであれば、ツイートするタイミングは重要です。

時間帯や日付よって、Twitterが活発な時間はだいたい変わります。

今回は、ブログ×Twitterを上手く運用するために、「ツイートの時間」に特化して、解説していきます!

本記事の内容
  • ツイートする時間が大事な理由
  • おすすめの時間
  • 避けるべき時間(反応が薄い時間)

ツイートする時間が大事な理由

Twitterでツイートする際に、ブログと連携して運用していきたいなら、時間を考慮しましょう。

ここからは、大事である理由を解説していきます。

1.より多くの人にツイートを届けることができる

時間帯を考えることで、より多くの人にツイートを届けられるのは分かりますね。

そもそも、Twitterを見ていないタイミングは、誰も見てくれません

例えば、

  • 仕事中
  • 授業中
  • 寝ている(夜)
  • お出かけしている

こういったときは、Twitterを見てはいませんよね。

当たり前ですが、より多くの人がスマホなどの端末を触る時間を考慮するのが大事です。

2.ブログ記事の更新を多くの人に知ってもらえる

ブログとSNSで連携するなら、記事更新のお知らせをしていると思います。

この際も、ツイートの時間をしっかり見極めれば、より多くの人に見てもらえる可能性があります。

せっかく頑張って更新した記事であれば、なおさら反応が欲しいですよね!

後で解説しますが、ブログ記事更新ツイートのおすすめの時間もあります。

ツイートするのにおすすめの時間

ツイートにおすすめの時間

平日の朝(6時~7時)

この時間は、仕事や学校に行く人や、すでに通勤・通学途中である人が多いです。

そんな中、電車やバスの中でスマホをいじる人も多く、比較的見られやすい時間になります。

なので、1日前に書いた記事をもう一度朝にお知らせするのもアリですね。

より多くの人に読んでもらえます。

ハッシュタグを使おう

僕も利用しているのですが、より多くの反応を貰いたいなら、ハッシュタグを付けるのはおすすめです。

なぜなら、同じタグを使う人が検索して反応してくれるからです。
ツイートが見られる母数が多くなります。

例えば、

  • #ブログ書け
  • #ブログ更新
  • #ブログ仲間募集
  • #おは戦〇〇〇〇

こんな感じです。

僕が思うに、「#ブログ書け」はより多くのインプレッションがある印象です。

また、「#おは戦」についてですが、これはいわゆるおはようの挨拶をするツイートで、ひー(@love_ohasen)さんが設立したタグです。

使う際は、一言連絡しておきましょう!

平日(月~木曜)の夜(18時~23時)

この時間帯は、仕事や学校が終わりみなさんが一息つく時間帯です。

この間にTwitterを確認する人も多く、より多くの反応が期待できます。

23時までとしたのは、寝る前にツイートを確認したり、学生が暇してる時間だからです。

それ以降は、Twitterの活発も静まる傾向。

なので、18時~23時くらいがベストと言えます。

インフルエンサーのツイートを分析して、ずらすのもあり

もちろんツイートの反応が多い「インフルエンサー」の方たちも、記事更新のお知らせをします。

ここで、自分の記事を出しても埋もれてしまうと感じている方は、時間をずらすのもありです。

そのためには、インフルエンサーのツイート時間を研究することも必要。

僕は22時近くに記事更新ツイートをすることが多いですが、この時間はあまり埋もれない印象だからです。

平日の昼(12時~13時30分)

この時間は、昼休みであることが多いです。

なので、昼食をとりつつTwitterを確認する人もたくさんいます。

この時間も多くの反応を貰えますが、他の時間と異なり「時間が短い」ということ。

なので、素早く返信やいいねをして拡散を促しましょう

また、忘れてはいけないのは、専業主婦の方がいること。

家事がひと段落して、休憩を取る方も多いようです。

なので、「主婦向けのブログ」「子育てブログ」を運営している方は、おすすめのタイミングです。

休日の昼

休日の昼も多くの反応が貰えます。

この時間にツイートした例がこちら、

このツイートは6000以上のインプレッションを貰いましたが、完全にタイミングだと思っています。

アカウント名を付けて投稿しているのもありますが、タイムラインの流れから見るに、Twitterが非常に活発だった印象でした。

活発な時に波に乗るのも大事

例えば、最近「Brain」という新アフィリエイトがリリースされましたが、このときはTwitterは超活発でした。

こういったイベントや、何かが起きているときにツイートすると、かなりの反応が貰えます。

こうやって、タイムラインの波に乗ることも大事です。

遠慮はいりませんし、こういった時にツイートして、SNS活用のコツを体感しましょう!

ツイートするのに避けるべき時間

深夜 特に日曜(1時~5時)

当たり前ですが、寝ている人がほとんどです。

タイムラインも全然流れず、最も静かな時間帯でしょう。

こんな時にツイートしても、見てくれる人は少ないですので避けましょう。

また、日曜の深夜は次の日仕事の方も多く、ほぼTwitter活動はありません。

深夜は意味のないツイートも

ブログ×SNSで運用するなら、普段のツイート内容も少し考えると思います。

なので、「適当なつぶやきもしたい!」と思ったら、この時間にしてもいいかもしれません。

例えばこんな感じ▽

普段、固いツイートをしているなら、それを和らげる効果も期待できます。

微妙な時間

金曜日の夜

金曜の夜は、飲み会が行われやすい時間でもあり、なかなかTwitterを見れない人もいるでしょう。

全員がそうとは限りませんが、こういった考慮もしておくと良さそうです。

結局はツイート数が大事な件

ここまで、おすすめの時間を紹介してきましたが、ツイートが少ないと反応を得られる機会も少なくなります。

1日10ツイートと言われますが、これでも足りない可能性があります。

伸びている方のツイートを見てもらえばわかるのですが、1日30ツイートくらいしてたりします。

「そんなにできない!」と思うかもしれませんが、ツイート量と反応数やフォロワー数が比例しているのは事実。

SNSでの発信も、ブログと同じように心がける必要がありそうですね!

まとめ ツイートは時間も大事です

おすすめの時間
  • 平日の朝(6時~7時)
  • 平日(月~木曜)の夜(18時~23時)
  • 平日の昼(12時~13時30分)
  • 休日の昼
避けるべき時間
  • 深夜 特に日曜(1時~5時)

こんな感じで、意識すれば少し反応が変わるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました