【2020年】WordPressブログの始め方・作り方「画像で解説」

ブログの始め方blog

WordPressでブログを開設したい

どうやったら始められるの?

手順を教えて欲しい

このような疑問にお答えします。

こんにちは!

WordPressでブログを書いてるもっちゃんです。

ブログで稼ぐことに興味が出たからWordPressを始めてみたい!と思っても、サーバーやドメインなど分からない単語がたくさん出てきますね。

そんなブログ初心者の方のために、今回は画像で分かりやすく「WordPressの始め方」を解説していきます。そこまで難しくはないので、肩の力を抜いて参考にしていただけると嬉しいです。

ちなみに、はてなブログからお引越しするという方は、こちらの記事が参考になります。

本記事の内容
  • ブログを始めるために必要なもの
    :サーバー・ドメイン・WordPress
  • それぞれの設定方法を画像で解説
  • 記事を書く前に最低限設定する項目を解説

ブログを始めるために必要なもの

ブログを始めるためにいるもの
  • サーバー:自分が使うネット上の土地のようなもの
  • ドメイン:ネット上の住所
  • WordPress:自分のホームページ(家)

このような感じでイメージすると分かりやすいです。WordPressブログを始めるには、まずはこの3つが必要になることを知っておきましょう。

無料ブログだと何もいらない

例えば「はてなブログ」等のブログを始める場合は、これらの準備はいりません。

なので初心者にとっては解説が簡単であるというメリットがありますが、デメリットもあります。それは以下のような通りです。

  • ブログサービスが終了したら消える
  • 収益化ができない無料ブログもある
  • 独自ドメインの取得には結局お金がかかる

確かに始め易いという点で無料ブログは良いですが、収益化を狙っているなら現在はあまりおすすめできません。いつかブログサービスが終了するという不安もあります。

実際にYahoo!ブログなどは既に終了しています。

こういった点で、WordPressでブログを作成するのはおすすめになります。

WordPressにかかる費用

上に書いた無料ブログとは違い、初期費用やサーバー費用がかかります。

  • WordPress本体:無料
  • サーバー代(エックスサーバーの場合)
    :初期費用3,000円+月額900円~1,200円
    初回契約時にまとめて払う必要があります。
    詳しくはhttps://www.xserver.ne.jp/price/price_x10.php
  • ドメイン代:700円~2,000円程度

最初は合計で1万円弱かかりますが、それからはサーバ代を月々払う感じです。

これを高いと感じる方もいると思いますが、ブログで稼ぐために長い目で見たらこのくらいの初期費用は必須になるかなと思います。

ブログの始め方を画像で解説

ブログを始める手順

このような順番で設定をしていきます。それぞれ画像を使って解説していくので、1つ1つ手順を追えば誰でもできます。ゆっくり進めていってくださいね。

1.レンタルサーバーの設定

レンタルサーバーの設定

まずはブログの土地「サーバー」の設定です。
レンタルサーバーは有名な会社では4つあります。

  • エックスサーバー
  • さくらレンタルサーバー
  • ロリポップ
  • ConoHa

それぞれに料金や特徴がことなるのですが、おすすめするのはエックスサーバーになります。実際に多くのブロガーさんもこのレンタルサーバーを使っています。

とは言っても、好きなサーバーを選んでもらって構いません。

簡単に比較すると、

  • エックスサーバー・ConoHa
    →回線の速度重視・pvを伸ばす予定の人(10万pvくらい)
  • さくらのレンタルサーバー・ロリポップ
    →比較的安い価格で運営したい・サイトの表示速度は少し遅くてもいい

こんな感じです。今回は「エックスサーバー」を例に解説していきますね。

まずはエックスサーバーのホームページへアクセスし、
「お申し込みはこちら」をクリックします。

エックスサーバー

「10日間お試し 新規お申込み」をクリックします。

このような画面がでるので、左の「サーバーお申込み」をクリックします。
※クイックスタートに関しては、無料期間がないなどの異なる点がありますので、今後別の記事に記載します

サーバーお申込み

申し込み画面に進んだら、必須の項目を埋めていきます。

エックスサーバー設定
エックスサーバー設定
エックスサーバー設定

最後に利用規約を確認し、「お申込み内容の確認へ進む」をクリックしましょう。

分かりづらい項目を解説
  • サーバーIDはどうすればいいの?
    →ログインや初期のドメインで使われるので、分かりやすいものを登録しておくといいです。

    僕は面倒だったので、自動にしました(笑)
    自動入力があるので、忘れそうでも安心です。

    手動にするなら、名前やニックネームなど分かりやすいものを、半角英数で登録しておくといいです。

  • プランって何?
    →取り扱えるデータのサイズやブログの数が違います。
    X10では200GB、X20は300GBというように上がっていきますが、それに伴い料金も上がります。
    一般的にブログで使うなら200GBも使わないので、X10で十分です。

入力内容を確認したら、「SMS・電話認証へ進む」をクリックします。

テキスト認証か音声認証を選びます。「認証コードを取得する」をクリックすると、送られてきたコードを入力する画面になるので入力します。

「認証してお申し込みを完了する」をクリックして、お申込み完了です。
すぐに登録したアドレス宛にこのようなメールが届きます。

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

IDとパスワードが最初のログインに必要なので、控えておきます。
このメールはとても大事なので、消さないようにフラグ登録しておきましょう。

サーバー契約の手続きをする

ここではお支払いの設定を行います。先にこの設定を済ませておいても、支払いが始まるのは10日過ぎてからなので安心してください。

支払い前は仮登録の状態なので、逆にこれを忘れると10日過ぎてブログが消えるので注意してくださいね!

まずは、『Xserverアカウント ログインページ』へ行きます。
そこで、先ほどメールで届いたIDとパスワードでログインします。

エックスサーバーログイン

「料金のお支い/請求書発行」をクリックします。
ここでは、お支払い方法の登録ができます。

エックスサーバーお支払い

サーバー・更新期間を選択して、お支払方法を設定します。
ブログ運営を継続していくなら、12か月契約がお得になります。

エックスサーバーお支払い
  • クレジットカード、銀行振込、コンビニ支払い、ペイジーなどに対応しています。
    毎月の料金更新が必要なので、忘れそうならクレジットで自動更新にするのがおすすめです。

これでサーバーの設定は終了になります。
まだ設定があるので、画面はそのままにしておいてください。

次はドメインの取得に移りますね!

2.ドメインを取得する

ドメインの取得

次はブログの住所にあたる、ドメインの取得です。

ドメインにも様々な会社がありますが、有名なのはこの2つ。

  • お名前.com
  • エックスドメイン

どちらを選んでもいいのですが、会社が同じである方が後の設定が簡単になるので、ここではエックスドメインをおすすめします。今回はエックスドメインでの取得方法を解説しますね。

トップページへ戻り、「サービスお申込み」をクリックします。

エックスドメイン

すると「エックスドメイン」があるので、新規申し込みをクリック。

エックスドメイン

ここで取得したいドメイン名を入力・選択し、「ドメイン名チェック」を選択します。

ドメイン選択

よく分からない方へおすすめは、.comや.orgになります。

それぞれこのように料金が異なるので、自分の好きなものを選びましょう。

取得可能ですとあれば、ドメイン名に被りが無いので申し込みできます。
下にネームサーバー初期設定とありますが、ここがエックスドメインを使うメリットです。もしも他のドメインサイトを使っていれば、ネームサーバーを後で変える必要が出てきます。

ドメイン選択

選択したら、「お申込み内容の確認・料金のお支払い」へ進みます。

これでドメインの取得は完了です。

次はサーバーとドメインを連携させていきます。

土地に住所を登録するということです。

サーバーにドメインを設定する

トップページのサーバーの欄から、「サーバー管理」をクリックします。

エックスサーバー管理

するとサーバーパネルが開くので、「ドメイン設定」をクリックします。

サーバーパネル

そうしたら、「ドメイン設定追加」を選択し先ほど取得したドメイン名を入力します。
○○.comというように書きましょう。/:などの記号はいりません。
下のチェック二つは付けたままにしておきましょう。

ドメイン設定

確認を押して追加すれば、サーバーとの連携は完了です!

SSLの設定もしておく

これはサイトのセキュリティ強化です。必ずやっておきましょう。

トップに戻り、「SSL設定」をクリックします。

ssl設定

確認画面へ進み「独自SSL追加」を選択し、追加するをクリックします。

これで完了です。

ここまで来れば、次はWordPressのインストールです。

3.WordPressをインストールする

WordPressインストール

先ほどの画面のサイドバーに「WordPress簡単インストール」とあるので、こちらをクリック。(サーバーパネルトップページにもあります)

WordPressインストール

ここでドメイン名を選択します。

次に「WordPressインストール」を選択し、項目を入力してきます。

WordPressインストール設定
  • サイトURL:そのまま
  • ブログ名:当サイトだと「もっちゃんブログ」にあたるタイトルです
  • ユーザー名:何でもOKです。ログインの際に使います。
  • キャッシュ自動削除:ONで大丈夫です。
  • データベース:自動にしておきましょう。

入力したら、確認画面へ進みWordPressをインストールします。

基本的にはこれでブログの開設が完了です!

大事な情報と共に、「管理画面URL」というものがあると思うので、クリックするとブログの管理画面へ行けます。出た画面はメモしておきましょう。

分からない場合は、『https://取得したドメイン名/wp-admin/』でログインページへ行けます。

WordPressにログイン出来たらまずすること

  • SSL化(http→httpsにする)の設定
  • パーマリンク(URLの表示)の設定

この2つをしっかり設定しておかないと、後で困るのでやっておきます。

SSL化の設定

とにかくSSL化の設定はやっておきましょう。

にわとり
にわとり

あれ?さっきSSL化はしたよね?

そうですが、あと2項目設定しないと反映されないようになっているのです!

なので残りを解説していきますね。

WordPress管理画面での設定

ログインしたページで、「設定」「一般設定」と進みます。

WordPressssl設定

するとここに、WordPressアドレスとサイトアドレスとあります。

恐らくここがhttp://~となっているので、https://~というように、sを追加します。

最後に一番下までスクロールし、「設定を保存」を忘れずにクリックしましょう。

これでWordPressでのSSL設定は終わりです。

サーバーパネルでの設定

最後に常時SSL化と呼ばれる設定を行います。

これは簡単に言うと、常にhttpsのページで表示してくれるようにしてくれる設定です。これを行うことでサイトの安全性が高まります。

これまで設定してきたサーバーパネルより、「.htaccess編集」をクリック。

.htacces編集

ドメイン名を選択して、「.htaccess編集」へ進みます。

.htacces編集

コードがたくさん表示されるのですが、ここは絶対に消さないでください
(事前にメモ等へ必ずコピーしておくこと)
というのもサーバーの設定などを制御している大事な部分だからです。

ここの一番上にこれから書くコードをコピーして貼り付けます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

.htaccess編集

終了したら、確認画面へ進み保存します。

これで完了です。

試しに「http://ドメイン名」で検索し、勝手にhttps://に変換されているか確認してみましょう。ならない場合、先ほどのコードの一部を消したり、空白を入れたりしている可能性があります。

パーマリンクの設定

WordPressの管理画面から、「設定」「パーマリンク設定」を開きます。

パーマリンク設定

いろいろ表示されますが、

  • 投稿名
  • カスタム構造

のどちらかがおすすめです。

カスタム構造を選択する場合は、「/%postname%/」にしましょう。

僕は投稿名でパーマリンク設定しています。

まとめ WordPressブログ開設は完了です

まとめ

WordPressを無事始めることができたら、これでひとまず初めの一歩です。

ここからは記事を書いていき、自分のサイトを育てていってくださいね!

もしもこの記事が参考になりましたら、SNS等で記事と共に共有していただけると嬉しいです。

それではブログ運営頑張って下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました