【文章のコツ】あなたの記事を今より一歩良くする5つの方法

ブログ運営
  • いまいちいい文章が書けない
  • 伝わりやすい文章の書き方は?
  • 簡単にできる方法はないの?

こういった悩みにお答えします。

どうも、2年間ブログ運営をしてきたもっちゃんです!

僕も最初は、本当にめちゃくちゃな文章を書いていました。

今も少しづつ試行錯誤をしているところですが、今回はここだけ気をつければ、少しでも文章が良くなる5つの方法を紹介します!

本を持っていても、結局どこから修正していけばいいのか分からないですよね。

この記事では、サクッと読めるよう解説しているので、ぜひ参考にしてください!

本記事の内容
  • 分かりやすい文章とは
  • 記事を良くする5つの方法
  • 避けるべき文章の書き方


分かりやすい文章とは

あなたが誰かのブログや、本を見るときに「分かりにくいなぁ」と感じる文章はありませんか?

そんなとき、最後まで読まないで、離脱することもしばしばあるかと思います。

そう、分かりやすい文章とは、

最後まで読まれる文章

であることです。

もっと言うなら、最後まで読まれかつ記憶に残りやすい文章です。

最後まで読まれないということは、その途中に何か原因があるわけで、その部分を修正すればより良い文章になると言えます。

では修正すべきポイントとは、どんな部分でしょうか。


分かりやすい文章にする5つの方法

ここからは具体例を交えて、より良い文章にする方法を解説していきます。

以下のものを修正するだけで、離脱率が抑えられる可能性だってあります。

サクッと読めるので、「見てやるか」くらいの気持ちで見てください!

1.ひとまとまりの文章量を少なくする

ブログを書く上で、長すぎる文章は読者を疲れさせ、離脱率が高まる原因です。

1文1文に内容を凝縮し、短くても伝わるようにしましょう。

【悪い例】

記事作成において、長すぎる文章は読者を疲れさせ、読む気持ちを削がれてしまう場合があり、離脱率の増加につながるため、文章の長さは大事になります。

【良い例】

長すぎる文章は読者を疲れさせ、読む気持ちも削がれます。

結果、離脱率の増加につながるため、文章の長さには気をつけましょう。


こんな感じに改善できます。

変化したポイントは、ムダな文章を省き1文を短くすること。

これだけでも、読みやすさが全然違いますね。


2.重複する言葉に気をつける

文章を書いていてよくあるのが、書いた言葉がすぐに重複すること。

これも読者にとって、今どこを読んでいるか分かりづらくなる原因です。

【悪い例】

この本を読んだ感想としては、とても考えさせられる本であったことです。とても良い本だと感じたので、ぜひこの本を皆さんに紹介したいです。

【良い例】

この本の内容はとても考えさせられるものでした。とても良かったので、皆さんに紹介したいです。


そもそも本という単語は、1つでいいことに気づきましたか?

悪い例のように、何回も重複させなくても、これが何の話か理解すれば、勝手に「本」を想像するのです。

これも文章を短くし、分かりやすくするコツです。

重複を見つけたら、見直してみましょう!

3.ひらがなを入れて柔らかくする

あまりに漢字の分量が多て、読みづらい場合があります。

なので、ひらがなを入れて柔らかい表現にするのが最適です。

これは例文を見た方が早いので、例文を、

【悪い例】

初回限定半年間無料キャンペーン特典付き

【良い例】

初回のみ!半年間は無料で利用できます。※キャンペーン特典もあり

こんな感じです。

漢字が5文字以上重なっていると、読むのに負担がかかりませんか?

もし記事中に見つけたら、ひらがなを加えるだけで、だいぶ違う文章になります。


4.これ・それ・あれ「指示語」を少なくする

ブログは、上からスクロールして見られることが多いです。

なので、文章の途中で「あれは」「これは」と出てきても何のことか理解できず、また上にスクロールさせると読者に負担がかかってしまいます。

【悪い例】

記事を書く際にSEOを意識することは大事です。それは、「検索キーワードを最適化」することであり、それを知っているのと知っていないのでは、記事が読まれるかどうかに関わります。

【良い例】

記事を書く際にSEOを意識することは大事です。SEOとは、「検索ワードを最適化」することであり、知っているか否かで、記事のPVにも関わります。

こんな感じです。

ここで指示語以外に、もうひとつ修正したことに気づいたでしょうか?

それは、「対比」を削減したことです。

悪い例に「知っているのと知っていないの」という言葉がありましたが、少し長いですね。

▷「知っているか否か」

こんな感じで、短くしましょう。


5.( )丸かっこを多用しすぎない

文章に補足するために、()で補うこともあるでしょう。

ですが、使いすぎも読者に負担をかけてしまう原因となってしまうようです。

【悪い例】

ブログとSNSを連携することは、PVを伸ばすうえでも有効です。(SNS運用により、そこからの流入を狙えるため、流入の幅が広がる)

【良い例】

ブログとSNSを連携することで、流入の幅を増やすことができ、結果としてPVを伸ばすこともできます。

こんな感じです。

()をつけて理由を付け加えるなら、文章にうまく取り込んで、簡潔に仕上げる方が良いです。

(補足説明)を使うならば、必要最低限の量で使いましょう。


文章力を鍛える方法

それは、記事をたくさん書くことです。

ブログのように、多くの人に見られる可能性がある場で練習するのがいいでしょう。

僕もこれまで、5つの方法とか言って書いてきましたが、全然未熟です。

でも、2年前よりかは良くなったと感じています。

とにかく、知識を吸収したらそれをアウトプットすることが大切。

すぐ行動に移しましょう。Twitterで言うなら、「#ブログ書け」です。

僕が参考にした文章を鍛える本

この本1冊しか読んでません。

こういった本が初めてだった僕でも、すらすら読める構成でしたし、十分な内容でした。

ブログに関わらず、普段学校などで書く文章にも役に立っています


まとめ 少しの意識で大きく変わる

たかが一言の「ことば」ではありますが、伝わり方が大きく変わります。

日本語ってそういった面で難しいですよね。

ここはいっそ、ブログ書くならプロ意識です。

ライターさんになった気持ちで、文章を書いてみましょう。

すぐ行動に移せば、徐々に文章力が鍛えられていくはずです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました